2009年11月アーカイブ

BI(ビジネスインテリジェンス)のプロジェクトで弊社もよく遭遇する問題は、お客様も明確なアウトプットイメージ(どんなダッシュボードを構築したらいいのか、どんなキューブを作ればいいのかetc)を持っておられないことが多いことです。

業務システムと違い、BIの場合は設計仕様をしっかり決めることは、難しいものです、なぜなら、「どのように分析すれば成果が上がるか」というものは、やってみなければ分からないからです。良くテンプレートを活用するということも話題に上がります。しかし、一般的なテンプレートはプロジェクト初期段階においてイメージを持つためには効果はあるものの、それが自社にとって最適なものとは限りません。

結局、BIだけでなくマネジメント全般に言えることかもしれませんが、計画する→試す→検証する→再度計画する、のプロセスが重要になります。

一方で、一般的に商用BIツールは非常に高い買い物です。ちょっと試すには、慎重を重ねた検討とリスクを受け入れる勇気が必要となります。その点、オープンソースBI「Pentaho」は、低価格と高機能を併せ持つツールです。有償版であってもソフトウェアを購入する必要はなく年間サポート費用ですべて機能が使用できます。(少し営業臭くなり申し訳ありません)

さらに来年Pentahoは、BIでより成果を出すために、これらを進化させます。
来年のPentahoのテーマは、「アジャイルBI (Agile BI)」です!

1、アジャイルBIとは?
ビジネスインテリジェンス構築のための、迅速かつ軽量、反復的な開発アプローチです。
ソフトウェアアジャイル開発手法をBIに適応したものです。
・それらのサポートを可能にするBIツールを含みます。

2、なぜPentahoはアジャイルBIを?
・設計などに長期間をかけることなく、セルフサービスでのレポートやOLAP分析を早く提供するため。
・評価→検証を素早く、反復的に行うため。
・情報部門だけでなくビジネス部門などの関係者をよりプロジェクトに巻き込むため。
・よりシンプルに、簡単に、安価にプロジェクトを行うため。
・BIは小さく多様なチームで開発されるべきであるため。(DBA、分析担当者、コンサルタント、開発者、現場ユーザー)
→結果として、より多くのBIプロジェクトを成功に導くため。

3、アジャイルBIを行うために必要なBIツール
・早く簡単にBIモデルを作成できるツール
・少人数のチームで使えるツール
・広範囲なスキルセットに対応できるツール
・コストパフォーマンスの高いツール

現在、プロダクト単位でのコラボレーションや計画が進んでいます。
また詳細の機能についてはご紹介させていただきます。

例:以下のリンクにデモ動画があります。
ETLとOLAPアナライザーレポートのコラボレーション


★Have a nice Open Source Day★
KSKソリューションズ Pentahoチーム

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30