2010年5月アーカイブ

通常、レポートに表示するデータは
JDBCでデータベースに接続し、SQLで取得するのが一般的ですが、
例えば
欲しいデータを取得するためには一回のSQLでは難しい場合など、
PDI(ETL)を利用する方法もあります。


レポートデザイナーにて

Data Setsのところで
Pentaho Data Integrationを選択

053101.jpg


使用するktrファイルを指定
指定すると、作成したStepが表示されます
(ここではDataステップを選択しておきます)

053102.jpg

ここでは以前の記事で使っていたktrファイルをちょこっと変えたものを使ってます。
以前の記事はこちら

単純に職業名が入ったディメンジョンテーブルからある1つの値を取得するだけのETLです。
053103.jpg

以前の記事とは異なり、最後はダミー(Data)に変更してます。


ktrファイルを設定し、OKボタン押下で、
取得する項目が表示されます。
(ここでは職業ディメンジョンのIDおよび名称)

053104.jpg


次に
パラメータを設定。
(今回はテキストボックスにIDを入力し、該当する名称を取得するレポート)
パラメータの名称をItemとしておきます。

053105.jpg


データを取得するのはETLなので、
このItemで設定されている値をktrファイルに渡す設定をします。

以前の記事同様、Get System Infoにて引数を取得する方法で
ktrファイルを作成してあるため、この引数とItemを紐づけします。

Data Setsの設定にもどり
「Edit Parametar」を押下し、
パラメータで作成したItemを設定。

053106.jpgこれで完了。

ID=1は学生

053107.jpg

ID=5は公務員
053108.jpg

が表示されました。



単にIDを指定し、その名称を取得するだけのレポートですが、
ETLを使って、パラメータ(引数)も使って
取得することができました。

SQLが得意ではなく、ETLを使いこなせていれば
こういう方法もありですね。

私はなんとかSQLを駆使したい派ですが^^

★Have a nice Open Source Day★
KSKソリューションズ Pentahoチーム




暖かい季節になりましたね。Pnetaho News 5月号です。

(1)オープントレーニング東京開催決定
現在の安定版の最新Pentaho CE 3.5.2のオープントレーニングを開催致します。
今回は少人数での開催を予定しておりますので、お申し込みはお早めにお願い致します。

日時:7月6日(火)~7日(水) 10:00~18:00
場所:東京会場 ARI Flap stageセミナールーム http://www.vsn.jp/afs/access.html
詳 しくは、こ ちらをご覧ください。

(2)無料Pentahoセミナー
5月26日(水)に開催致しました無料セミナーは、おかげさまで大盛況でした。
ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。
今回ご参加いただけなかった方もいらっしゃるかと思います。
次回は6月30日(水)に、開催を計画しております。

日時:2010年6月30日(水) 14:00-16:00
場所:品川イーストワンタワー21F http://www.e-onetower.com/access/index.html
詳しくは、こちらをご覧ください。

(3)レポートデザイナー日本語版リリース予定
現在、日本語化が不十分であった、レポートデザイナー3.6の日本語化を行っております。
日本語化できていない原因箇所が明確になりましたので、後は翻訳していくのみです。
6月4日を目処にリリースする予定です。

(4)デザインスタジオ3.5の不具合
sourceforge.netからダウンロードいただきました、デザインスタジオ(pds-ce-3.5.0)は、
xactionファイルを開こうとするとエラーが発生して表示できません。
原因は、日本語化ファイル(messages_ja.properties)です。
design-studio/plugins/org.pentaho.designstudio.editors.actionsequence_3.5.0.stable/i18n/messages_ja.properties
こちらのファイルを削除して再起動していただくとお使いいただけます。

★Have a nice Open Source Day★
KSKソリューションズ Pentahoチーム
レポートデザイナー3.0でレポートにパラメータを使用する為にはパブリッシュ時に作成されるxactionを編集し、プロンプト画面を作成する必要がありましたが、レポートデザイナー3.5からレポートはprpt形式となり、わざわざxactionを編集しなくてもレポートデザイナー内でプロンプトを作成出来るようになり大変使い易くなりました。
しかしながらレポートデザイナー内で作成したプロンプト画面は特定されている為、プロンプト画面とレポート表示画面を変えたい場合、プロンプトのレイアウトを変えたい場合などにはやはりxactionの使用が有効です。
そこで今回はxactionからのprpt起動方法を紹介したいと思います。

①まずレポートデザイナーで通常通りパラメータを使用したレポートを作成します。
regularreport.jpg

②次にデザインスタジオで新規にxactionを作成します。
Process inputsのinputにレポートに使用したパラメータ名と同じ名前でパラメータを作成します。
inputparam.jpg

Process inputsのresourceに作成したprptファイルを定義します。
resouce.jpg

Process Actionのprompt/Secure FilterにProcess Inputsで作成したパラメータを定義します。
definestoreparam.jpg

Process ActionsのRelationalにレポートで使用したクエリーを張り付け、パラメータの使用方法を
&{パラメータ名}→{PREPARE:パラメータ名}に変更します。
definequery.jpg

Process ActionsにPentaho Reportを定義します。Report Parametersにはレポートで使用したクエリー名を追加します。
definereport.jpg

Process OutputsにPentaho ReportのOutput Report Nameを追加し、xactionを保存します。
output.jpg

③レポートデザイナーでレポートを開き、作成したData setsを削除してExternalを追加します。作成したParametersも削除し、以下のように新たなパラメータを定義します。Name欄にはクエリー名を指定します。
param.jpg

④レポートを保存しユーザーコンソールからxactionファイルを起動するとprompt画面が表示され、
prompt.jpg

表示させたい物を選んでOKを押すとレポートが表示されます。
report.jpg

このようにxactionを使用することでprpt単体では制限されていたレポートの表示方法の幅が大きく広がります。

★Have a nice Open Source Day★
KSKソリューションズ Pentahoチーム
PentahoはiPadでのレポート閲覧やPentahoアナライザー(以下動画)による自由検索に、BIベンダーとしていち早く対応致しました。これにより、iPadの高いユーザビリティとヴィジュアル性を活かしたBIコンテンツの提供が可能となります。


特徴

  • 新たな分析レポートの作成
  • 既存のアナライザーレポートの閲覧
  • インタラクティブなドラッグ&ドロップの分析
  • リッチなチャートによるビジュアル化
  • ソートやフィルターの追加、関数の追加
  • アナライザーレポートの保存や共有
  • 元に戻す、初期状態に戻す機能
  • PDF、Excel、CSVへのエクスポート

必要環境:

  • Pentaho BI Suite エンタープライズ版 3.6
  • Apple iPad





★Have a nice Open Source Day★
KSKソリューションズ Pentahoチーム
本日公示された平成22年度電子経済産業省推進費(オープンガバメントを実現するシステムの
可能性等についての調査研究:以下URL)ですが、
まさにPentahoを利用したBIシステム構築に合致する内容です。

評価項目一覧を見ますと、
"システム整備については、新規開発のみならずパッケージソフトやOSS
の活用、クラウドサービスの活用等の手段を組み合わせることで、効果
的に行えるようになっているか"
"アジャイル開発(又はスパイラル開発)を成功に導いたプロジェクトマネジメント経験" 
という記述があります。


kouji.JPG

事業仕分けの影響もあり、システム維持、構築にも低価格化が求められる中、
オープンソース系のパッケージソフトウェアは公共系システムにもフィットするのか、
大手SIer様などからのお問い合わせが増えております。

私たちの納めた税金がより有効に使われるようになることの一助になれば嬉しい限りです。
★Have a nice BI system implementation★
KSKソリューションズ Pentahoチーム


本日、Pentaho無料紹介セミナーを品川イーストワンタワーにて開催させて頂きました。

1週間前に募集を締切る盛況で、注目度がアップしていることを実感します。
また、予定時間をオーバーするほど活発なご質問を頂きました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
0526seminar.jpg

情報部門の皆様やSIer様のお力で日本企業の情報活用をより活発にするため、
PentahoとKSKソリューションズが微力ながらご支援できれば幸いです。

★Have a nice BI system implementation★
KSKソリューションズ Pentahoチーム


本日、Pentaho社はHadoopの正式サポートをアナウンスいたしました。
アナウンス文はこちらで参照できます。

Hadoopはサーバーを多数つなげて膨大な情報を処理可能とするオープンソースソフトウェアで、クラウド技術の中心ともいえ日本でも昨年11月にHadoop Conference Japanが開催されて楽天やNTTデータといった企業の事例報告がされています。

これをいちはやくキャッチアップしたBI製品はやはりPentahoでした。

hadoop_PDI.jpg
hadoop_reporting.jpg

★Have a nice Open Source Day★
KSKソリューションズ Pentahoチーム


IT業界では毎年恒例の最大規模イベントが東京ビックサイトで今週開催されました。

KSKソリューションズ、本年度は出展見合わせ
出展コストを無料セミナー開催やご訪問説明にかけることで、より多くの方に具体的にPentahoを知っていただく機会が増えるとの判断です。
5月26日開催の無料セミナーはこちらをご参照下さい。

BI/DWH/クラウドなどの製品を一通り見るにはよい機会のため、業界のお知り合いにご挨拶方々動向をウォッチしに出かけました。
bigsite.jpg



BI製品は各社の製品特性がはっきり
出展製品は小規模な部門特化型に適したもの、高度なコンサルティングを含んで統計解析やマイニングを行うもの、帳票特化ソリューション。超大規模向きROLAPなど様々です。

しかしながら、実際のPentahoご商談でこれらの製品と競合することはありません。
SIer様やお客様が製品特性とニーズを理解されているためと思います。

PentahoはETLから定型、非定型レポート、多次元分析(OLAP)からマイニングを含むEnd-to-End BIを実現する統合型製品ですが、こちらのジャンルでも他社の数分の一の価格という特徴があるためかあまり競合しません。

また、今回盛況だったMicrosoftSQLServer2008 R2ですが、Windows系、Microsoft製品中心というお客様層とプラットホーム依存せずベンダーロックインを避けてオープンソース系をご理解いただくお客様層とは異なるようです。

BIベンダーは独自の特徴や強みを持ったものが残り、新たな可能性を持ったものが出てくるという印象を受けました。

そんな中で大手調査会社Gartnerが2012年までに5倍成長すると予測するオープンソース系BIは注目株のようで、名刺交換させて頂いたBIプロ(部署名にBIとつく方々)の認知度は100%で、"オープンソースBIのデファクトですよね、ダウンロードして動かしています" というお言葉を頂きました。

皆様と業界全体でさらにBIによるデータ活用を普及させ、日本の活力を増していきたいと思います。

★Have a nice Open Source Day★
KSKソリューションズ Pentahoチーム

5月11日、12日の2日間、「Pentahoオープントレーニング」を開催させていただきました。

今回ご参加の皆様は大手SIベンダーの精鋭BIプロばかりで、弊社講師陣も身が引き締まります。
ハンズオン形式のため進捗にバラつきがでることもあるのですが、とてもスムースに進行することが出来ました。
opentraining.jpg
成果物を持ち帰れるのがPentahoトレーニングの特徴で、今後のビジネス展開にお役立ていただけるものと思います。

ご参加、ありがとうございました。

次回開催は調整中ですが、参加ご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

★Have a nice Open Source BI Projects★
KSKソリューションズ Pentahoチーム
フロントエンドツールであるPentahoを有効に使うにはデータベース性能が重要です。
インストールしただけの状態としっかりチューニングされたデータベースでは何十倍もパフォーマンスが違うのはよくあること。

基本はテーブル配置とインデックス。
RDBMSが機能を持っていれば、マテリアライズドビューやビットマップインデックスが有効です。
ただ、チューニングはDB管理者のスキルに依存してしまいます。

私も20年程前に某RDBのチューニングを実施して数千万円のハードウェア投資をしなくて済んだとお客様に喜んでいただけた経験がありますが、今は人件費よりハードの方が安価な場合も多いかもしれません。

ソフトウェア技術ではKVS(キーバリューストア)型データベースが脚光を浴びていますが、現状ではBIとのマッチングはRDBの方がよいようです。
SSDで数倍高速になり、カラムストア型RDBで数倍高速になりますので、数千万件程度でも満足できるレスポンスが得られるかと思います。

KSKソリューションズはPentahoの販売とサポートを実施しておりますので、データーベースの詳細は各ベンダーや代理店、SIベンダーにお問い合わせ下さい。
★Have a Nice BI Implementation★
KSKソリューションズ Pentahoチーム 

アジャイルソフトウェア開発というソフトウェア開発の手法がありますが、Pentahoでもこの手法でBIの開発に着手しています。PentahoのプリセールスVPのMichael Taralloのブログで解説されていますのでご紹介します。


原文はこちら : 

http://michaeltarallo.blogspot.com/2010/04/being-agile-with-pentaho-business.html


  "「アジャイル- Agile-」であること" があなたの意思決定を支援します

 

まだ多くの企業ではBIのストラテジーを標準化できていません。例えば多くの企業でスプレッドマート(Excelの百貨店)状態になっている話をよく耳にします。これらの企業では、BIソリューションを実装しない方法に基づいて紙ベースのソリューションを行っています。「スプレッドマート」は多くの場合、時間がない、予算がない、BIソリューションのデプロイメントが遅いなどといった場合に、代替ソリューションとして使われます。

日々、多様な側面からPentahoのソフトウェアが多くの悩みを解決できることをコンサルティングさせていただいていますが、お話を伺うとビジネス上のニーズが見えてきます。彼らは、複数の部門が個別に持つデータソースを一元管理することだけでなく、コストを削減し、利益を増やし、競争力のある製品やサービスを提供したいと思っています。もちろん可能であれば、コストパフォーマンスよくこれらを同時に叶えたいと考えています。

だからこそ、著しいコスト削減を可能にするコマーシャルオープンソースのソリューションを検討するのです。コスト以外では、Pentahoと商用BIベンダーとはどういった違いがあるのでしょうか?


ほとんどの場合、商用BIベンダーが提供するものはすべて同じようにみえます。表面的な部分は特にそうです。では、これらを差別化する基準とは何でしょう。

まず、これは私の習慣なのですが、不必要な機能や関数に惑わされないようにしています。その代わりに、そのBI環境が統合された現代的なアーキテクチャになっているかどうかを深く見ていくことをお勧めします。アーキテクチャはオンプレミスとクラウドの両方でセットアップできるものであることを推奨します。アジャイルデプロイメントを含む要素では、使いやすさとスケーラビリティが主な要素になります。その他の点では、サービス、サポート、付帯事項やトレーニング関連の違いが含まれます。単一のプラットフォームでしか使用せず、IT部門でしか変更できない魅力的なダッシュボードにどんな意味があるでしょうか?

これらを踏まえると、そのBIソリューションがあなたの本来の目的を満たしてくれるかどうかによって製品を決めるべきだと思います。ことわざにあるようにBeauty is only skin deep(外見の美しさなど皮ほどのものである。)ということなのです。


全体像をはっきりさせるために、いくつかの用語についてブレークダウンしていきましょう。

最初に「ビジネスインテリジェンス」という言葉について簡単に説明します。

一般に、ビジネスインテリジェンスという用語は新しいものではありません。私が生まれるよりもっと前から存在しています。BIとは製品でもシステムでもなく、プロジェクトではない活動であると考えられます。この用語はアーキテクチャ、アプリケーション、データベース、そしてそれらを使用する時の活動と結びつきます。1958年、IBMの研究者であるHans Peter Luhnが論文の中でbusiness intelligence(ビジネスインテリジェンス)という単語を使用しました。彼は「望む目的のために行動を導くように、そこにある事実の相互関係を理解する活動である。」と定義しています。1989Howard Dresner(後にガートナー・グループのアナリスト)はBIを「事実に基づいたサポートシステムを使用することで、業務の意思決定を改善する概念と手法」を表す包括的な用語として提案しました。この用法は1990年代後半までには広まり、およそ20年後の現在の世の中では、ビジネスインテリジェンステクノロジーは日に日に一般的なものになってきています。

次に「アジャイル- Agile-」という言葉についてです。まず名詞として、次に形容詞として見ていきます。アジャイルソフトウェア開発とは、反復型開発に基づいたソフトウェアのメソドロジー(方法論)です。IT部門、ビジネス部門または他のクロス機能のチーム間のコラボレーションを通して、要求とその解決法を進化させます。形容詞としての「アジャイル- Agile -」は単に、少ない労力で素早く移動することを意味しています。

この二つの単語を組み合わせたアジャイル・ビジネスインテリジェンスとは、ビジネスインテリジェンスを使用するユーザーとのコラボレーションをしつつ、ビジネスインテリジェンスアプリケーションの開発をアクティブに、素早く、簡単に、繰り返し行うことを指します。


PentahoのアジャイルBIは、ユーザーからの増えていくニーズにもっと対応できるようにさらに多様なスキルを持った開発者を増やしていくことにつながります。これによって情報が消費され、消費される方法も短い時間で修正されることは確実です。

PentahoアジャイルBIは、アクティビティの基盤として提供される一つに統合されたデプロイメント環境のもとで、ETL(データの移動と変換)、Visualization(データの視覚化)、そしてData Modeling(ビジネスレイヤの構築)をまとめて提供します。この方法論の適用はユーザーと開発者の両方にとって大きなメリットがあり、結果的にBIの成功を確実にします。

 ビジネスインテリジェンスとアジャイルデプロイメントは新しい概念ではありません。しかしこれらを組み合わせると組織・企業に効果的なBIアプリケーションを提供することが可能なのです。


★Have a nice Open Source Day★
KSKソリューションズ Pentahoチーム


2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30