Pentahoレポートの種類

Pentahoでは、定型レポートから分析レポートまで様々なレポートを作成できますが、以下の関係がわかりづらいため、少し整理したいと思います。

1)レポートとデータ取得先の関係
2)レポートとレポート作成ツールの関係
3)データ取得先とデータ作成ツールの関係

p_20100826-01.JPG

以下に各レポートのサンプルを表示します。

<定型レポート>
ユーザーコンソールよりレポートデザイナーで事前に定義した定型レポートを表示しています。

p_20100826-02.JPG


<アドホックレポート>
ユーザーコンソールよりアドホックにレポートを作成する画面です。レポートフォーマットを選択し、表示アイテムをメタデータから選択しているところです。

p_20100826-03.JPG


<分析レポート>
ユーザーコンソールより分析レポートを作成しているところです。右側に表示されているアイテムがスキーマワークベンチで定義したOLAPキューブ(ディメンジョン、メジャー)の内容です。

p_20100826-04.JPG


<ダッシュボード>
ユーザーコンソールよりダッシュボードを作成しているところです。定型レポートなどの既存のソリューションファイルや分析レポート、FLASHチャートに表示するデータをメタデータと紐づけたものをアイテムとして、表示したいテンプレートに設定しています。パラメータも設定でき、絞り込んだデータを表示することができます。

p_20100826-05.JPG


★Have a nice Open Source Day★
KSK ソリューションズ Pentahoチーム

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Pentahoレポートの種類

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.pentaho-partner.jp/mt/mt-tb.cgi/139

コメントする

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30