2010年12月アーカイブ

Pentaho News 12月号

|
年末年始寒い日が続きますので、風邪などひかぬよう暖かくしてお過ごしください。
さて、Pentaho News 12月号です。

(1)Pnetaho セミナー
来年早々に1/12 東京で Pentaho 無料セミナーを開催致します。すでにお席があとわずかとなっておりますので、満員御礼になる前に申し込みくださいますようお願い致します。→お申し込みはこちらから。Pentaho BI Suite も3.7.0にバージョンアップしまして、Hadoop連携やデータマイニング(Weka)に関する最新情報や事例をご紹介できればと思います。

(2)Pentaho オープントレーニング
来年2/15(火)~16(水)の2日間、東京新橋での開催が決定いたしました。エンタープライズ体験版を使用した技術トレーニングになります。Day1:分析ソリューション、Day2:レポートソリューションでいずれか参加いただくことも可能ですし、2日間参加いただくことも可能となっております。エンタープライズ版でソリューションをお考えの方はご検討ください。お申込みは、こちらから。

(3)デモサイト、および体験版ダウンロードサイトの速度向上
現在のPCサーバーのスペックと回線の問題で速度があまり出ておりません。デモをご覧いただいて「遅いな~」と感じておられる方、環境が違えばそんなことはございませんのでご安心くださいませ。来年早々には環境を(少しですが)向上できそうです。

(4)データマイニング(Weka)
データマイニングツールWekaクライアントの日本語化が着々と進んでおります。今年中に日本語化を終え、来年早々にご提供できると思います。Wekaの使用方法やPentahoでのデータマイニングをご紹介したいと思いますのでお楽しみに。

(5)体験版 3.7.0GA 日本語パッチ
マニュアルの日本語化が遅れております。英語ドキュメントはございますので、誠に恐縮ですがそちらをお読みくださいませ。ソフトウェアの日本語化は残すところレポートデザイナーのみとなりました。レポートデザイナーの日本語化は複雑でして、少し時間が必要でが、来年早々には出そろいます。


本年中は当ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございました。
2011年も変わらずご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

それでは、お体にはお気をつけて、よい年をお迎えください。

★Have a Nice Year End and a Happy New Year★
KSKソリューションズ Pentahoチーム

今日、明日が仕事納めの方も多いかと思いますので、2010年の主要ニュースをピックアップしてみました。

大企業の買収戦略進む
 SPSSとNetezzaがIBMに
 SybaseがSAPに
 GreenPlumがEMCに
 大手間の競争の激しさの表れです。

モバイル対応
 iphoneやandroid対応が進みました。
  ipad等のタブレットはBIビューア端末としての適性が高いと思います。

クラウド対応

 クラウドはマーケティングトレンドから実用期へ入りました。
 クラウドBI(又はBIオンデマンド)は、SFDCを代表とするSaaSとはインプリ
  手法や価格モデルは異なりますが、SIを含めた潜在ニーズが高まりつつあ
 ります。

オープンソース系BI
 Pentahoは欧米で大躍進し、日本での認知度も2010年に大きく上がりました。

まとめ
 企業のBIへの注目度、投資意欲が上がっているのを感じる年でした。

 私事で恐縮ですが、最近9カ月間で交換させて頂いた名刺は800枚以上です。
 弊社のマーケティング活動はすべてコストをかけないインバウンドであり、
 先見性のある方々とお話するチャンスが多く、感謝しております。

2010年の動きは日本では2011年に広がるでしょう。
弊社も少しでも皆様のご支援ができるよう、継続努力いたしますので
引き続きよろしくお願い致します。
99ed529d.jpg

★Have a Nice Year End and a Happy New Year★
KSKソリューションズ Pentahoチーム

Pentaho Data Integration 4.1.0 GA のリポジトリは、以下のように3種類あります。
  • Entertprise リポジトリ
  • Kettle データベースリポジトリ
  • Kettle ファイルリポジトリ
中でも4.0から追加されたEnterprise リポジトリは、複数人での共同開発を管理するだけでなく、セキュリティを考慮したロック機能や、前バージョンにロールバック可能な履歴管理機能があります。

20101227_01_repo.jpg

しかし、最新版のPentaho Data Integration 4.1.0 GA では作成したジョブやデータ変換ファイルを保存できないという不具合がありました。

http://jira.pentaho.com/browse/PDI-5065

上記JIRAで修正パッチが公開されておりますので、保存できなくてお困りの方はダウンロードしてインストールくださいますようお願い致します。

※2010/12/24以降に弊社体験版ダウンロードサイトからダウンロードいただきました方は日本語パッチで本件対応しております。


★Have a nice open source days★
KSKソリューションズ Pentahoチーム



昨日、ある案件の準備でDWHアプライアンスのデータベースベンダーに伺い、Pentahoと接続テストを実施させて頂きました。

BIソフトウェアはユーザーのフロントエンドに位置するため、レスポンスが悪い場合"Pentahoが遅い"と誤解されることがありますが、ほとんどはDB(まれにネットワーク)がボトルネックです。

今回は数千万円のアプライアンスだけのことはあり、19億件120GBのデータを20秒で検索終了するデモを拝見しました。
Pentahoは他のBIツールより動作が軽い印象があるというコメントを頂き、相性もよさそうです。

2200万件のロードも20秒で完了。28のHDDに並列処理で実行されており、PentahoのETLからもバルクローダーがキックできます。

picture01.png
サポートするDB製品が非常に多く、接続先毎に追加ライセンス費用が発生しないのがPentahoのメリットの1つ。
お客様のニーズに合わせて各DBベンダーやSIer様との協調体制も進んでおります。

★Have a nice BI tools★
KSKソリューションズ Pentahoチーム
(画像はイメージです)

皆様はオープンソース系の著名人としてLinus Torvaldsさんをご存知かと思います。

Linus Torvalds(リーナス・トーバルス)

Linuxの生みの親です。
ソフトウェア業界全体に与えた影響は大きなものがあります。

それでは以下の方はどうでしょうか?
ご存知ならDBのプロフェッショナルです。

Michael Stonebraker(マイケル・ストーンブレーカー)
データベース業界の重鎮。
Ingres開発者であり、IngresはSybase,MS-SQLServer,PostgreSQLに
発展しています。私がInformixに勤務していた時のCTOでもありました。
現在、C-Storeと商用版Verticaに携わっています。

そして、BI業界で大注目なのがMattさんです。

Matt Casters (マット・キャスター)
オープンソースETL Kettleを開発した人物です。
Pentaho Data Integration(PDI)の中心で大活躍しています
http://www.ibridge.be/

bio_matt_casters_lrg.jpg

OSS著名人に共通するのは卓越した技術力だけでなく飾らない
人柄で、世界中のエンジニアが周辺に集まることだと思います。

よいものを無償で世の中に広めていきたいという姿勢に共感を
覚える方はぜひPentaho Communityにもご参加下さい。

★Have a nice open source days★
KSKソリューションズ Pentahoチーム


Pentaho BI Suite EE 3.7.0 GA では、データの視覚化、分析においてエンドユーザー機能が大きく向上するとともに、大規模データの分散支援システムのHadoopとの連携機能、アジャイルBI開発機能が追加されました。

・データ分析
条件付きフォーマット機能
条件によって背景色やバー、矢印を表示する機能。
20101215_01.jpg

ドリルスルー機能
ドリルスルーして詳細データにアクセスする機能。
20101215_02.jpg

・レポート

ドリルリンク機能
レポートのグラフ、チャートから詳細データにドリルリンクする機能。
20101215_03.jpg

・ダッシュボード

ドラッグ&ドロップ機能
レポートやグラフ、チャートのガジェットをドラッグ&ドロップでダッシュボードを作成する機能。また、ダッシュボードのガジェットをドラッグ&ドロップで入れ替えできる機能。
20101215_04.jpg

リサイズパネル機能
ダッシュボードのテンプレートをさらにリサイズして好みのパネルレイアウトに変更できる機能。
20101215_05.jpg

・アジャイル開発

データソース&モデリング機能
RDBやCSVからデータを取り込み、OLAPキューブのモデリング、メタデータを一連してウィザード形式で作成できる機能。簡単に分析レポートやメタデータを作成できるため、BIのアジャイル開発に最適な機能。
20101215_06.jpg

20101215_07.jpg

・Pentaho for Hadoop

メタデータのHive連携機能
メタデータのデータソースとして設定できる機能。Hadoop  Hiveからデータを取得してアドホックレポートやダッシュボードのメタデータとして使用できる機能。

HDFS入出力機能(ETL)
データ変換(ETL)でHadoop HDFSへの入力、および出力できる機能。20101215_09.jpg

Map/Reduce job実行機能(ETL)
データ変換(ETL)でMap/Reduce jobの実行ができる機能。
20101215_08.jpg


ツイートする

|
Pentaho 関連ではないですが、遅ればせながら本ブログに「ツイートする」ボタンを付けました。
どしどしつぶやいていただければと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

★Have a nice Open Source Day★
KSKソリューションズ Pentahoチーム

Pentahoのデフォルト設定ではmondrianのログファイルは作成されません。そこで今回はmondrianログを出力する方法を紹介します。

①/biserver-ee/tomcat/webapps/pentaho/WEB-INF/classes/log4j.xml を開き、
Special Log File specifically for Mondrian,
Special Log File specifically for Mondrian MDX Statements,

Special Log File specifically for Mondrian SQL Statements

の各コードをコメントアウトします。

mondrianLog.jpg

②ファイルをセーブし、BIサーバーを再起動します。

起動後に
/biserver-ee/tomcat/binにmondrian.log, mondrian_mdx.log mondiran_sql.logが作成されていれば成功です。
毎月恒例のPentahoセミナーを開催させて頂きました。
今回も定員を上回るお申込みを頂き、満席です。

活発なご質問で時間オーバーとなり、一旦終了後も個別ご質問の待ち行列が出来て30分延長となりました。ネットで得られる情報も多く質も上がっていますが、やはり温度感、空気が伝わるセミナーにもよさがあると思います。

オープンソースBIの流れが大きく広がっていることを強く感じた次第です。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
20101201seminar.jpg

内容も毎回ブラッシュアップしていますが、今回からAgile BIや1億件の検索を行うデモなどを取り入れています。

次回開催は1月12日(水)の予定です。
まだ参加されていない方はぜひこちらをご参照の上、お申込み下さい。

★Enjoy your seminar★
KSKソリューションズ Pentahoチーム

Pentaho News 11月号

|
今日から12月ですね。寒い日が続きますので風邪には十分お気を付けください。

(1)Pentahoオープントレーニング
年末になりますが、12月21日(火)~22日(水)と2日間でPentahoオープン技術トレーニングを東京新橋で開催致します。データ統合、定型や分析レポート、ダッシュボードなどのコンテンツ作成が習得でき、Pentahoを使ったBIアジャイル開発が可能になります。まだお席に空きがございますので、是非ご参加ください。詳しくはこちらをご覧ください。

(2)Pnetahoセミナー
今年最後のPentaho無料セミナーは、本日東京で開催しております。今回も事前に満席となり大盛況の開催となります。来月は、1月12日(水)東京での開催となります。こちらから是非、お早めにお申し込みください。今回のセミナーでは、3.7.0GAを早くもデモ可能となりました。

(3)デモサイト
デモサイトを3.7.0GAに更新致しました。3.7.0GAでは、バックグラウンドでHadoop、Hiveと連携し、ブラウザからはエンドユーザーの方が簡単にコンテンツを作成できるようになりました。分析レポート、ダッシュボードの機能もだいぶ使いやすくなりました。是非、こちらから体験ください。

★Have a nice Open Source Day★
KSKソリューションズ Pentahoチーム

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30