BAに対するPentahoデータ統合の機能

|
本ブログではSAS Institute社様※の製品にて利用可能なSASデータセットファイル読み込みデータ統合ステップ(SAS Inputステップ)の検証をご紹介いたします。

本検証内容はPentahoデータ統合プロジェクトのチーフアーキテクトのMatt Casters 氏からの発表を元に、SASデータセットファイル(*.sas7bdat形式)の読み込み機能がETL処理の一部として実行可能であるとの内容となっております。

参照元URL:

SAS Institute社 

本検証では以下のデータセットを利用させて頂きました。
データセット名:
candyinfo.sas7bdat

データセット取得元URL:

検証内容:

SAS_input.JPG

sas7bdat形式データのフィールドを取得SAS_input2.JPG

データ内容を参照
SAS_input3.JPG


弊社は皆様のビジネスの役に立つようにビジネスインテリジェンスだけではなく、DWH、ビジネスアナリティックスにも力をれておりますが、米Pentaho社もまたBAに対して本格的に取り組みを行っていくと言う姿勢が伺えるかと思います。

弊社では、ビジネスインテリジェンスおよびDWH、ビジネスアナリティックスと言う、戦略系ソリューションをワンストップでご提供させて頂いております。

戦略系システムの整備の必要がある、または戦略系システムの必要性を感じていられる
ご担当者様は一度、こちらから弊社までご相談下さい。

☆Have a strong data integration ☆
KSKソリューションズ

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30