よくある質問(PDI編)

|
よくある質問シリーズ第二段。
PDI(ETL)についてです。

・PDIにて、作成したデータ変換(Transformation)にコマンドラインから値(引数)を渡す方法は?

→システムデータ取得(get system info)のステップを使えば可能です。
 簡単なサンプルを作りましたので、以下の説明を参照ください。

01.png

こんな感じのデータ変換を作ってみました。

引数で渡された値に該当するデータを
あるテーブルから取得してそれをテキストファイルに出力する。というもの。

システムデータ取得のステップの設定で、

02.png

このように設定しておき、

テーブル入力(table input)のステップにて、
03.png

このように引数で受けた値をwhere句に当てはめて、それに該当するデータを取るというもの。

あとはこのデータ変換をコマンドラインから実行。
データ変換なので、pan.bat(sh)を使用します。

>Pan.bat /file filename.ktr arg1

ってな感じで。

もちろん、jobであればkitchen.bat(sh)を使えばできます。

通常は常にspoonのGUIから使用ではなく、コマンドラインから実行がほとんどだと思うので、
引数を使って動的なデータ変換を使うというのはよくあるパターンですね。

システムデータ取得のステップと、その後の引数の受け取り方さえわかれば簡単です。


★Have a nice ETL Tool★
KSK ソリューションズ Pentahoチーム

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30