pentaho用語(略語)集

|
一番基本的なことですが。

pentahoを長く扱っていると、
略語など、日々当たり前かのように使ってしまってます。

pentahoを初めて知ったお客様などは当然わからないと思いますので、
よく使う用語や略語等をまとめてみました。


【全体】
EE版
 PentahoEnterpriseEdition(エンタープライズ版)の略
 いわゆる有償版のpentahoです。

CE版
 PentahoCommunityEdition(コミュニティ版)の略
 いわゆる無償版のpentahoです。

【サーバー】
PUC
 PentahoUserConsole(ユーザーコンソール)の略
 いわゆるブラウザでみるpentahoの画面です。

puc.png

 
PEC
 PentahoEnterpriseConsole(エンタープライズコンソール)の略
 管理者用画面のことです。
 管理コンソール、アドミンコンソールなどと呼んだりもします。

pec.png


【クライアント(デザインツール)】
PDI
 PentahoDataIntegration(データ統合)の略
 ETL(extract transform load)ツールです。
 昔からの名残でkettle(ケトル)と呼ぶこともあります。
 クライアントGUIツールのことがspoon(スプーン)と名付けられているため、
 単にspoonと呼ぶこともあります。
 GUIを使わず、コマンドラインから実行するために
 Kitchen.sh(bat):ジョブを実行するもの
 Pan.sh(bat):トランスフォーメーションを実行するもの
 が用意されてますので、
 「作成したETL定義をスプーンで実行する」
 「作成したETL定義をキッチンで実行する」
 などと言ったりします。
 ちなみに、
 作成されるETL定義ファイルはXML形式で、
 jobの場合は拡張子が.kjb
 Transformation拡張子が.ktr
 となります。

PRD
 PentahoReportDesigner(レポートデザイナー)の略
 定型レポート作成ツールです。
 作成されるファイルは.prptファイルで、
 これはzip形式で圧縮された各種のXMLファイルの集まりです。

PSW
 PentahoSchemaWorkbench(スキーマワークベンチ)の略
 スキーマ定義を行うツールです。
 「キューブ設計をする」と言ったりもします。
 作成されるファイルは.xmlファイルです。

PDS
 PentahoDesignStudio(デザインスタジオ)の略
 Eclipseベースの開発環境でpentahoにて実行するxactionの定義を行うツールです。

PME
 PentahoMetadataEditor(メタデータエディター)の略
 メタデータを作成するツールです。
 (インタラクティブレポートなどのために設定する定義体)
 「ビジネスモデルを作成する」と言ったりもします。
 作成されるファイルはXML形式の.xmiファイルです。

PAD
 PentahoAggregationDesigner(アグリゲーションデザイナー)の略
 集計テーブルを作成し、クエリーパフォーマンスを向上するのに用いられるクライアントツールです。



「pentahoEE版を購入して、
PDI(kettle)でETL定義を作ってspoonで実行してデータを取ってきて、
PSWでキューブ定義を作っておいて、
PRDで定型レポート定義を作っておいて、
時にはPDSで複雑なアクションを作ったりして、
PECでログインユーザを作成しておいて、
作成した各種レポート等をPUCで参照してみる」

みたいな感じでしょうか(笑)

クライアントツールは
PDI以外は略語で呼ばずに
普通に「レポートデザイナー・スキーマワークベンチ」などそのまま言いますけどね^^


★Have a nice Open Source Day★
KSKアナリティクス Pentahoチーム



2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30