JSON Inputについて

|
 今回はXMLと比べて、軽量のデータ交換フォーマットであるJSON(JavaScript Object Notation)を、パースすることが出来るステップについてサンプルをもとにご紹介します。

 下記は、data-integration\samples\transformations\JsonInput - read a file.ktr
のイメージです。

1.jpg
赤い丸枠へパース対象のJSONファイルを指定します。
2.jpg
赤い丸枠へパース対象の項目を指定します。
パスへはJSONPathを設定します。

3.jpg
上記画面にてプレビューボタンを押すと、下記のようにJSONファイルをパースした結果が表示されます。

4.jpg

JSON Inputの詳細

よろしければお試し下さい。また、お困りの際は気軽にお問い合わせください。

★Have a nice Pentaho day★
KSK Analytics Pentaho Team

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30