レポート検索機能を作成してみました

|
お客様のご要望をお伺いしていると、まれに「現在保存されているレポートの一覧が見たい」というお話が出てくることがあります。
確かに、レポートが増えていくと、管理を行う方としては、何がどこにあるのか、どれくらいのレポートが保存されているのか等々、気になることと思います。
また、レポートの量を監視していくことは、BIシステムやBIプロジェクトが効果的に運用されているかどうかの指標にもなり得ます。

Pentahoではどうかというと、現状ではそのような機能が実装されておりません。
ならば、作ってしまおうということで、作成してみました。

主な機能としては、以下のとおりです。
・レポートとアナライザー、ダッシュボードを選択し、選択したファイルの一覧を表示する
・パス及びファイル名、サイズを表示する
・ファイル名での検索を可能にする

finder1.png

finder2.png

今回はサンプルなので・・ということで、簡単な機能にしぼり、レポートのレイアウトも特に凝らずに作っております。
そのため、実装方法も定型レポートとETLツールの組み合わせのみで実現可能で、大体1時間くらいで作成出来ました。

finder_prpt.png

finder_ktr.png

サンプルも置いておきますので、よろしければダウンロードして内容をご確認ください。
※サンプルについての補足※
・Pentaho4.8で作成しています。
・Linuxにて作成、テストしております。また、日本語表示に関しては未テストです。
・解凍し、/home/pentaho/配下に配置していただければそのまま動作すると思います。
・動かない場合は、prptファイル内でktrを指定している「Data Set」の設定値と検索場所を指定している「Parameters」の"param_sol_path"の初期設定値をご自身の環境に合わせてご使用ください。

今後も、時間を見つけて、以下の様な機能を追加して、またご紹介出来ればと考えております。
・権限管理
・一覧からレポートを表示
・チャートの表示
・ダッシュボード化

今回使用しているETLツール(Pentaho Data Integration)は非常に強力なツールであるため、裏側でこのツールを使うと、かなりいろいろなことが可能になります。
ETLツールの詳しい使い方や定型レポートとの組み合わせ方法など、ご支援出来ることもあるかと思いますので、お気軽にお問い合わせください。

★Have a nice Pentaho day★
KSK Analytics Pentaho Team

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30