定型レポートの出力タイプを制限する方法

|
レポートデザイナーで作成したレポートをBAサーバーで観覧するとデフォルトで出力タイプのパラメーターが定義されていますが"output-target"パラメーターを定義する事で出力タイププロンプトの項目をカスタマイズする事ができます。

1.まずはレポートデザイナーのデータセット→テーブルからプロンプトに出力させるデータを定義します。
データソース.png

2.次にoutput-targetという名称でパラメーターを作成します。プロンプトのクエリーには1で作成したデータソース名を指定します。
パラメーター.png

3.最後に、レポートを保存してBAサーバーにパブリッシュすると1で定義したデータのみが出力タイプのリストに表示されます。
カスタム出力タイプ.png

output-targetパラメーターに使用可能な値の一覧は以下のPentaho社のWikiページよりご覧頂けます。
http://wiki.pentaho.com/display/Reporting/BI-Server+Reporting+Plugin+Documentation

★Have a nice Open Source Day★
KSK Analytics Pentaho Team

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30