データ分析のポイント

|
梅雨が明けて夏本番の猛暑がやってきました。日焼けや熱中症に注意が必要ですね。
(画像は夏のイメージで本文とは関係ございません)
top-image01.jpg

今回はPentahoに限らず、BI/BAを実施する時のポイントをいくつか記述してみました。

【必要なことを行う】
リアルタイム分析は本当に必要ですか?
必要なければ、日次、週次、月次、過去蓄積のデータで分析に注力しましょう。

【次のアクションに結びつける】
興味深いレポートができて終わりではなく、次のオペレーショナルなアクションにつなげましょう。
例えば、在庫が少なく販売が好調なら発注処理をする、Twitterで評判の製品はトップページに移動するなどです。

【最初はスピーディに適切な効果を出す】
スモールスタートのプロトではコストをかけず、結果がわかりやすいデータを一部抽出して1ヶ月以内にアウトプットをだしましょう。

【本番では全件処理、全パターン分析】
サンプリングするとその母集団をどう選んだかで結果が変わってしまいます。
ハードとソフトの性能は驚くべきスピードで進化中ですので、基本は全件処理で問題ないかと思います。

【ビジュアライズしてシンプルに核心をつかむプレゼンを】
結果報告はプロジェクトを拡大継続するためにも重要です。

【継続は力なり】
BI/BAに終わりはありません。成功している企業は常に刷新、継続させています。

当たり前と言えば当たり前のことばかりで他にもいろいろありますが、ご参考になれば幸いです。

★Have a nice BI/BA system★
KSK Analytics Pentaho Team

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30