PDIでPython(Jython)

|
少し社内で話題に上がったので、今日はPDI上でPython(というか実際にはJython)を扱うための方法をご紹介いたします。
PDI上でどうしてもPythonを書きたいんだ!というときに、以下の3ステップで使用可能になりますのでお試しください。

①jython.jarのダウンロード
この辺りから、最新版のjython.jarをダウンロードしてください。
今回は、バージョン2.5.3を使用します。

②lib配下にコピー
PDIのバージョンによって違いますが、以下のどちらかにjarをコピーしてください。
(バージョン5よりも前) [PDI-Install-Dir]/data-integration/libext/配下
(バージョン5の場合)   [PDI-Install-Dir]/data-integration/lib/配下

③Spoonを起動しPythonスクリプトを書く(ステップ名を*.python or *.jython にすること)
以下の様な感じです。
python_sample.png

ここでは、gen_seedでキーとなる数値を入力し、それをPython内でIF文によって"OK"か"NG"のラベルを付ける処理を書いてみました。
python_sample_set.png

結果としては、以下のようになります。
python_sample_res.png

※注意点※
スクリプトを記述する際に使用するステップは「スクリプト」ステップです。
「Javaスクリプト」ステップでは無いので、注意してください。
javascript_script.png


簡単ですが、以上です!

★Have a nice Open Source Day★
KSKアナリティクス Pentahoチーム

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30