SFTPでファイル転送

|
PDIにおいて、別のサーバからファイルを転送する手段はいくつか提供されておりますが、SFTP(SSH File Transfer Protocol)でファイルを転送する方法も提供されておりますので、今日はそのご紹介をしたいと思います。

これです。
sftp_1.png
「SFTPファイル取得」ステップでサーバからファイルを取得することが可能です。
逆に、ファイルをサーバに送る場合は「SFTPファイル追加」ステップで可能です。


ここでは「SFTPファイル取得」ステップの最低限の設定方法について載せておきます。
設定するタブは、全般タブとファイルタブです。

こちらが、全般タブの内容です。
sftp_set1.png

こちらが、ファイルタブの内容です。
sftp_set2.png

最低限設定が必要な項目は以下のとおりです。
全般タブでは:
* ホスト名
* ポート番号
* ユーザ名
* パスワード

ファイルタブでは:
* リモートディレクトリ
* 検索文字列(対象ファイルを検索する文字列)
* ローカルディレクトリ

サーバ側に「/tmp/cp_test.txt」ファイルが存在するときに、上記イメージにある設定でPDIを実行すると、サーバから該当のファイルを取得することが可能です(C:\tmp\sftp_sample にコピーされます)。


なお、バージョン5よりも前のPDIで提供されていた、「SSH2 GET」ステップ、「SSH2 PUT」ステップ」は、バージョン5からは、推奨しないステップに格下げされました。
バージョン5以降でご利用なさる場合は、お気をつけください。


★Have a nice Open Source Day★
KSKアナリティクス Pentahoチーム

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30