ブラウザ画面で千行以上のデータを1回で参照するのはナンセンス

|
皆様のシステムでは、Webブラウザ画面に何件程度のデータを表示させていますでしょうか?

1画面に50件データを表示させて、20ページ分となれば人間が目で参照して有効な情報を利用できる上限を超えています。
またデータは集計してグラフ化することで、より理解しやすくビジネス活用が広がるのではないでしょうか?

加工前データの抽出ツールとしてブラウザでBIを利用するインプリを散見しますが、ほとんどの場合使い勝手やパフォーマンス面が悪くなります。
このような場合はPentahoならバックのETLスケジュール処理等で対応が可能です。

Pentahoにはブラウザで新規レポートを作成する機能にアナライザーレポート、インタラクティブレポートがありますが、それぞれデータ件数上限が設定できます。
analyzerlimit.jpg
アナライザーレポートでは、analyzer.propertiesとmondrian.propertiesのパラメーターで件数を設定します。

interactivereportlimit.jpg

またデータベース側でも接続数、アクセス件数、接続時間などの上限を決めることができる製品が多いです。

ユーザーが快適に使用できるように最適化する各種方策がありますので、よろしければご相談下さい。

★Have a nice user experience★
KSK Analytics Pentaho Team

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30