ファクトレスファクト

|
The Data Warehouse Toolkit13章の教育機関のケーススタディーで紹介されているファクトレスファクトという類のディメンショナルモデルを作成してみました。ファクトレスファクトはメジャーが取る値が1かnullで、フィールドをカウントするためのものになります。
作成したディメンショナルモデルは講義の履修状況 を、下記サンプルレポートのように、生徒や講義、講師、学期の切り口でいろいろ切り替えて確認するOLAPになります。メジャーのフィルターを利用して未履修の項目だけ表示したり、履修済みだけ表示したりします。

履修状況レポート例1(志村さんの履修履歴)
履修状況レポート例2(西尾教授の2013年後期の講義の履修生徒)

ユーザー名: demo
パスワード: demo

使用ツール:
BeautifulSoup4
Postgresql9.3
スキーマワークベンチ(作成したスキーマ)
アナリシスレポート



2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30