オープンソースソフトウェアの潮流

|
近未来は過去を振り返ることで見えてくることがあります。

10年前、UnixはOSシェアとして最速コンピュータランキングの世界トップ10に5つが
入っていました。
最近(2014/06)発表のデータでは、トップ60のすべてがLinuxです。
top500.jpg

Linuxの隆盛(Unixの没落)を示すこの数字から、プロプライエタリなベンダーOSが
オープンソースに太刀打ちしようとしても困難だということがわかります。

しかし、10年前にそう思っていた人は少なかったかもしれません。

オープンソースの潮流はOSからRDBへ,ツールからアプリケーションへと広がりを見せています。

また、ITの世界は変化のスピードが速く激しいですが、不変の大きな流れもあります。

下から上へ: 
 誰もがおもちゃ扱いしていた初期のパソコンがビジネスシーンへ進出
 アカデミックで使われていたワークステーションがサーバーへ
ローカルからグローバルへ:
 日本国内でのみシャアが高いモノはグローバルな製品に
 例:国民機と言われたパソコン、ガラケーと言われた携帯電話

BI/BAの世界をOSSで発展拡大させ将来の主流になるには、このBlogを現時点で見ている
皆さんの力が大きく影響するかもしれません。

★Have a nice open source day★
KSK Analytics Pentaho Team

2014年8月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31