PentahoWorld2014レポート

|
PentahoWorld2014では2日間で様々なセッションが開催されておりますので、ご紹介致します。

キーノート: 
CEOよりパワフルに参加者を鼓動させるメッセージがあり、CSOが製品戦略を語り、ゲストスピーカー2名(ForresterResechとRichRelevance)からは先進的なBigData事例の紹介がありました。
IMG_20141009_211155.jpg

午後の個別セッション:
5つの部屋に分かれて個別の30分セッション(+15分QA)が実施されました。
私が参加したものを簡単にご紹介します。

1. Product Roadmap and Future Innovation: Performance and Scale with Pentaho Enterprise Deployment and Administration
  製品ロードマップ(今後の予定)情報です。
 5.2が本日リリース、5.3,5.4と続き、6.0が来年10月の予定
 (変更の可能性もある目安です)
 5.xではBAサーバーとDIサーバーを統合する、JDBCドライバーなどの
 ロケーションをまとめる等、順当に洗練度を上げていくようです。
20141010_022043_424.jpg

2. Practical Big Data Blending with Pentaho Data Integration
  PDIでHadoopやMongoDBにアクセスするデモでした

3. Advantages of an Open Source Development Model: Innovation from Pentaho Labs, Our Community and More
 コミュニティ版とエンタープライズ版が相互によい作用をして成長するモデルの話。
やはりQAやドキュメントがあり、しっかりサポートが実施されるエンタープライズ版が日本の一般的な企業にお奨めです。
MapRはエンタープライズ版も全部ソースコード公開だという突っ込んだ質問がでましたが、各企業の判断でベストな方法を選んでいるという回答でした。
20141010_040114_103.jpg

4. Getting a 360 Degree View with MongoDB to Blend,Enrich and Analyze Disparate Data for a Single View
 キーノートでも少し紹介されたTeslaMotorのNASDAQ株価が上がった傾向をTwitterデータをセンチメンタル分析してひも解くというデモでした。
20141010_050923_676.jpg

世界中からPentahoのために集まった人達と話をし、日本は恵まれている国でありもっともっとBIの有効活用ができると確信しました。

★Sell Pentaho in Japan, Sell Japan to Pentaho★
Hisashi Nakayama
KSK Analytics

2014年10月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31