DIをブラウザで開いた際に発生する文字化け解消方法(ソースコードの修正で対応)

|
皆様もご存知の通り、PentahoはGitHubで開発が行われています。特に、ETLツールのPDI(Pentaho Data Integration、通称:Kettle)は、活発に開発が行われています。現在は、Pentahoの次期バージョン Pentaho 6 に向けた開発が進められています。

Pulse - pentaho/pentaho-kettle : July 6, 2015 - August 6, 2015
https://github.com/pentaho/pentaho-kettle/pulse/monthly

先日、このブログでDIサーバの文字化けに関する記事が掲載されました。

DIをブラウザで開いた際に発生する文字化け解消方法
http://www.pentaho-partner.jp/blog/2015/07/di-1.html

弊社では、このような日本語の不具合に対する対応を進めておりまして、先日、この不具合の修正コードをプルリクエストし、開発チームによってPDI本体のコードにマージされました。

fixed Japanese garbled page #1600
https://github.com/pentaho/pentaho-kettle/pull/1600

この不具合は、Pentahoの次回リリースで修正される見込みです。

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31