表の段違い表示を防ぐ方法

|
レポートデザイナーで表を作成すると次のように行高さが段違いになることがあります。
データの長さなどに差があるとこのように表示されます。

18040102.PNG

このように表示されるのは、以下のように「height」を固定の20にしているためです。

18040101.PNG

行の高さを段違いにしないためには、この「height」を%で指定します。
ここでは100%に設定してみます。

18040103.PNG

すると、段違いであった行が綺麗に揃うようになります。

18040104.PNG

レポートウィザードを使用してレポートを自動で作成した場合でも、
このように「height」は%で指定されています。
他のスタイルや属性の設定方法の参考にもなりますので
レポートウィザードでレポート出力して確認してみるのもおススメです。



2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別 アーカイブ