オープンソースBIのPentaho(ペンタホ)ブログでタグ「ETL PDI」が付けられているもの

BIシステムは変化に対応しながら終わりなき進化を続けるものです。
既に社内データの有効活用が出来ている企業様は、社外データもBIで
利用されてはいかがでしょうか?

Pentaho Data Integration(PDI)を使えばWebサイトにあるデータの取り
込みも簡単に可能です。

前回はクラウド対応例でAmazonEC2とSalesForce.comに接続する画面を
ご紹介しましたが、今回はブログランキングサイトとTwitterの情報を
取り込む例です。
twitterBLOG.jpg


操作は入力ステップ用に用意されているRSSとXMLを利用して、パラメータ設定
をするだけ。コードレスなので技術者でない私でも簡単でした。

営業マンがTwitterでつぶやけば構文解析して自動的にSalesForceにデータが
入力され日報を別に書く必要がないというシステムや、競合企業の動きを
Webサイトから自動的に取り込んで経営ダッシュボードに表示するといった
ことが可能になると思います。


月次定型レポートのみなら従来のシステムで十分ですが、激しく変化する
ビジネス環境で迅速かつ的確な意思決定を支援するため、進化するBIを
ぜひPentahoで実現下さい。

企業競争力のアップをご支援させて頂ければと思いますので、デモ等の
ご要望があればぜひお問い合わせ下さい。

Have a nice BI implementation★
KSKソリューションズ Pentahoチーム

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ