プレスリリース

2010年10月4日

経済産業省、統計情報の活用検証サイト「データボックス」にPentahoを採用
-オープンソースのBI(ビジネスインテリジェンス)ツールによる統計情報の活用の促進-

株式会社KSKソリューションズ(代表取締役 森本好映)は、経済産業省(以下同省)が統計情報の活用検証サイトである「データボックス」に、オープンソースのBIツールである「Pentaho(ペンタホ)」を採用し、稼働を開始したことを発表致します。

同省では、幅広い分野に渡って統計調査を実施し、その情報をウェブサイトで公開してきました。今回、統計情報の提供について広く意見を募り、利用者ニーズに応じた利便性を向上して統計情報の活用をいっそう促進するために、検証サイトである「データボックス」を開設しました。この「データボックス」では、(1)利用者が統計データを容易にグラフ化したり、(2)統計表のうち利用者が必要とするデータの集計や内訳表示を行う等、新たな機能を試行的に提供しています。

オープンソースBI「Pentaho」を活用した本システムにより、利用者は都道府県単位から市町村単位へのドリルダウンや特定産業のみのフィルタリングなどがWebブラウザ上から操作できるようになり、統計データを柔軟かつ多面的に分析することが可能になりました。またOpenIDによるシングルサインオン認証により、Yahoo!Japan、Mixi、Livedoor、Googleなど利用者の既存のIDでシステムにログインできるようになっています。

同省では、本取り組みによる結果を踏まえて、今後さらにユーザビリティの高い統計情報の提供システムを構築していく予定です。


■データボックスについて

データボックスは、経済産業省で作成している統計情報の提供について、利用者より広く意見を募るために作成された検証用サイトです。

サービス名 データボックス
URL http://databox.openlabs.go.jp
問合わせ先 経済産業省経済産業政策局調査統計部統計情報システム室
稼働期間 2010年9月28日(火)~10月24日(日)

■Pentahoについて

Pentahoは、世界で最も人気があるオープンソースBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトウェアです。2005年のリリース以来500万ダウンロードを超えており、すでに2000社以上の企業で導入されています。レポーティング、OLAP分析、ダッシュボード、データマイニング、データ統合(ETL)、およびBIプラットホームなど、エンタープライズBIに必要な全ての機能が用意されています。

■株式会社KSKソリューションズについて

Pentahoの日本公認パートナーとして、ワンストップのBIソリューションを提供する企業です。各業界の戦略・業務コンサルティング、システム開発、保守サポート及び導入後のトレーニング・研修を行い、お客様の多様なデータ活用のニーズに対応します。

社名 株式会社KSKソリューションズ
英文社名 KSK Solutions, Inc.
所在地 大阪市中央区本町1-1-3 本町橋西ビル2F
東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟 28F
URL http://www.ksk-sol.jp/
Pentaho専用サイト:http://www.pentaho-partner.jp


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社KSKソリューションズ  広報担当
TEL:03-6717-4538/06-4705-7607
E-mail:info@ksk-sol.jp

オープンソースBI Pentahoブログへ