アジャイル BI

アジャイル BI の概要

agile_00.png

多くのETLツールやBIツールやソリューションは高価で実装に非常に手間がかかります。 また、多くのソリューションは統合したデザイン、モデリングやビジュアライズ機能が十分にありません。 それどころか、各プロジェクトステップはデザインからモデリング、ビジュアライズを異なるインタフェースで順に行わなくてはならず、多くのリソースが必要です。 すべてのプロジェクトの開発ステップが完了して初めて結果を見ることになり、多くのコストと時間を費やしたにも関わらずプロジェクトが失敗になるリスクがあります。

こういった状況を解決するのがPentaho アジャイルBIです。

解説資料「PentahoアジャイルBI-速く、柔軟で、効果の高いBIプロジェクト手法-」を公開。ダウンロードはこちら。


Pentaho データ変換(ETL)

Pentaho データ統合(PDI)は、モデリングとデータビジュアライズの開発環境を提供する世界初の統合されたETLツールです。 ソフトウェア開発のためのRapid Application Development (RAD)とintegrated development environments (IDE)のように、 データ統合とビジネスインテリジェンスアプリケーションがひとつの環境で同時にインタラクティブに動作します。 開発者とエンドユーザーは、従来のソリューションより少ないコストで、容易に非常にすばやくBIアプリケーションを構築することができます。

PDIには以下の特徴があります。

  • BIアプリケーションを即座に反復的に開発できます
  • 開発者とエンドユーザー間でシームレスなコラボレーションを可能にします
  • 複雑なBI開発を1つのプロセスに融合します
  • BIアプリケーションの導入や構築に必要な時間や手間を激減します
  • 複雑なデータ変換が構築できる強力なETLで迅速なBIアプリケーションが作成できます

下図に示されるように、ユーザーはひとつの統合されたデザイン、モデリングとビジュアライズプロセスで、長いBIプロジェクトサイクルを実行 することなく、BIアプリケーション開発者とエンドユーザー間をコラボレーションします。

pdi_00.jpg

アジャイルBIプロジェクトは、エンドユーザーの要件を満たし、今までの数分の一で導入や構築を行うことができます。